京都の地震気持ち悪い~!

私は寝ていて気づきませんでしたが、というより、こちらでは揺れませんが、またまた京都を震源とする地震が起きたようです。

京都で震度3の地震

今朝も4時半頃に京都を震源とする震度3の地震が発生したようです。震度3はもちろん驚く震度でもないのですが、続いてるんですよ。ココ最近京都で地震が・・・・

私は和歌山なんで、京都が震源で震度3くらいならこちらまで揺れないんですけど、それより、そういう活断層が原因の地震であっても、それらの大きな要因が、南海トラフの影響で、なんていうですか?プレートですか?潜り込んでいってそのひずみなんかが、日本海側で発生する地震に影響があって・・・・みたいに言う人がいますよね。

なので、昔は「鳥取で大きな地震が起きるとその1年後とか数年後に南海トラフの地震が・・・」って言われてたみたいです。今でも言うのかもしれませんが。

なので、京都が震源で震度3。おまけに、震源の深さが10キロ未満であっても気持ちが悪いんですよね。

まぁ、例え地震が起こったとしてもそれほど大きく強くなく、被害もそこそこに済んでくれたらいいんですけどね。とりあえず、皆様気をつけましょう。

今朝は電気毛布の電源を入れました

10月も終わるという今でもお買い物から帰ってきたら暑くて、スグに扇風機をかけてます。

でも、今朝は昨日の夜から「寒いかも?」と思って電気毛布の電源を入れました。弱程度にしてましたが、ちょうど良かったです。

日中は動けばまだちょっと汗ばんだり暑かったりしますが、朝晩はやっぱりもう11がつなんで寒く感じますね。こういう時、体調が崩しやすいので皆さんもどうぞお気をつけ下さい。

それにしても、台風「キャー」。ホンマ、キャーですな。

防災無線聞こえない

今朝もとくダネで大雨の被害が出たところの市長さんだか、

「避難勧告等をあえて出さなかった」

というのをやってました。

また、そこに住んでる方たちなのかインタビューで

「防災無線が雨の音で聞こえなかった」
「何か言ってるのが分かるけど、何を言ってるのか分からなかった」

と答えてる方がいました。

そうなんです!!!コレ、全国でそうなんですね。

防災無線、ありがたいのかもしれませんが、放送してるのは聞こえるんですけど、何を言ってるのかさっぱりわからないんですよ。マイクをどないかして欲しいです。

この間も、こちらも大雨が降るかもしれないと天気予報で言ってたので、叔母の家に避難に行ってたんですけど、叔母の家にいる時に、防災無線が放送されていました。

がっ、私も叔母も防災無線が何を言ってるのかさっぱり分からず、

「わからんかったね」

と、顔を見合わせました。雨は一滴も一粒も降ってません。だから

「雨の音で聞こえなかった」というのはないです。

しかし、この防災無線の聞こえにくさ、全国ネットなんですね。

数年前から改善をとお願いしてましたが・・・・

今年の1月おかんが亡くなりましたが、数年前まではお店を経営していて、おかんのお店にも消防の方がよく来ていたそうです。

そこで、おかんが

「防災無線、聞こえるけど何を言ってるかわからない。マイクを改善してほしい」

と、消防の方が来るたびに言ってたそうです。

だからというわけではないでしょうが、以前もこういう回覧板が回ってきました。

『●月●日に防災無線のマイクのテストをしますので勘違いしないで下さい』

みたいな内容でした。

その日になると、何本かのマイクのテストをしてたみたいで、聞こえ方が違った放送が聞こえてきました。

私も「3番めがはっきりと聞こえてわかった!」

とかそのテスト放送を聞いて思ったのですが、そのテスト何だったのかわかりませんが、恐らくマイクは変更なしだったんでしょう。聞こえにくさはそのマイクのテストをした後でも変わりませんでした。

何のテストだったんでしょうか。

とにかく、こういう災害が起きる度、市などは

「防災無線で放送した」

っていうんですケド、何を言ってるかわからないんですよ!
高齢者はスマホなどを持ってる方は少なく、「エリアメール」や「防災メール」受け取る方も少ないと思います。なので、防災無線が“命”なので、ましてや、高齢者は耳が遠い方も多いです。もっとマイクなどを改善して欲しいと思います。