和歌山の新型コロナウイルスの対応

2020年2月20日

毎日増えていってる和歌山の感染者。昨日発表された感染者の50代の男性はどこで感染したか分からないみたいですが、他の方はだいたい分かってますが、それにしても・・・・

和歌山県の対応

和歌山県の仁坂知事は、県民に不安を与えないように、逐一、新型コロナウイルスの県内の感染者の情報を提供しています。

他県の方からしたら、

「和歌山県は情報を出すのが速い!他府県の知事も見習ってほしいなぁ」

というご意見が多いです。

がっ、県内に住んでる者としては、この程度の情報では足らん!
やっぱり感染した人が立ち寄ったところとか、別に、名前とか言わなくてもいいから、

  • どこらへんに住んでる人で、
  • どこのお店へ行って
  • 公共交通機関を使ったか

などの情報が乏しいので、そのへんもきっちり出して頂ければいいんですけど。

例えば・・・・

10代の男子と言われても・・・・

例えば、今日、また3人の感染者が分かりましたが、そのうちのお一人が10代の男子だということですが、一口に“10代男子”って言うても、10歳~19歳までありますよ。10歳~19歳て、エライ違いですよ。

もしかしたら、発症された人の近くに住んでる方にはお知らせしてるのかもしれませんが、でなきゃ、自分も感染してるかもわかりませんからね。

ちなみに、先程、テレビ和歌山のニュースで、10代の男子は発症はしていないそうです。

まぁ、発症してようが、してまいが関係ないんですけど。

念には念を・・・・

昨日は決死の覚悟で、オークワとコーナンとダイソーに行ってきました。今日もパンがなかったので、ローソンで10日分ほどのパンを買ってきました。

おかずもそこそこ買ってるのでこれでしばらくまた買い物に行かなくて良いんですが、私は買い物に行ってくると、買ってきたものをとりあえず、1~2日、外に虫干しみたいにして置いてます。まぁ、わかりやすく言うと

『隔離』

ですね。

というのも、SARSだかMARSだかしりませんが、ウイルスが

「48時間生きてた」

とか、この間も、コロナウイルスだったか

「つるつるの場所で長時間生存」

みたいな事が書かれてありました。

もしかして、買ってきた商品に、新型コロナウイルスがついてるやもしれんので、外に1日~2日置いてます。

で、朝パンを食べる時は、パンの袋に微酸性電解水をふりかけて除菌して、お手々も洗って拭いてからパン食べてます。

また、1日に何度も手を洗うので、手、カッサカサ!でも、そんな事、言うてられませんね。

誰も言わないですけど・・・

新型コロナウイルスだけではないですが、私が氣になってるのは、

「お店に置いてる商品にウイルスがついてるのは氣にしなくていいのか?」

という事です。

よく、ドアノブとか、バスや電車のつり革は、不特定多数の人が触ったり持ったりするので、そういうのを触った時はよく手を洗いなさい。

って言われますけど、お店に置いてる商品にウイルスってついてないんでしょうか。それは、そこまで氣にするこないんでしょうか。

私は↑にも書きましたけど、

  • 買ってきたものは1日~2日外に置いて風を当てる
  • 食べたり使う時は、袋に入ってるものは微酸性電解水をかけまくってから開ける

デス。

この間も書きましたけど、私は濃厚接触する人はいないので、お店のレジの人とか店員さんだけ。でも、感染したら重症化する人だと思うので、念には念を入れてます。

ただ、毎日発表される感染者さんは、殆どが感染源が分かってる人(お医者さんの近親者とか)なのですが、やっぱり分からない人もいるし、感染者がどのお店に入って・・・・というのも氣になります。

ふと、思いましたが・・・・

明日で、グルーズ船に乗られてた方も、下船できますが、この人達を隔離しておいて、ウイルスをバンバン持ってるかもしれない中国の人をどんどん受け入れてたって、なんか、日本のエライ人のやってる事わかりませんな。